設立時からかかわっています。
金沢市建築組合では、創立時から設立協議会に参加して、協力させていただきました。大工科への生徒募集、講師派遣、など、を行っています。

講師派遣
伝統的な技能の継承という目的のためには、教える側、講師の確保はまず第1に重要なことです。金沢市建築組合では職人大学校の要請を受け、多くの組合員の中から、高度な技術をもち、人格識見ともにすぐれ、講師としてふさわしい方々を講師として派遣してきました。

 

生徒の募集
生徒は金沢市建築組合の組合員から希望者を選抜して、推薦しています。現在まで7期生を数えます。

また、金沢職人大学校 本科3年を終了した方は、修復専攻科にすすむことができ、そこで3年間終了すると、歴史建造物修復士の資格が与えられます。この資格は金沢市の歴史的建造物の修復において、必要とされる資格で、この資格がないと参加できない金沢市の現場もあります。