一日につき、手当が出ますよ。
仕事でけがをして休んだら、労災保険から休業補償が出るから助かるけど、
仕事ではなく、病気で休んだら、すぐ収入の道が途絶えてしまう。それが私たちフリーの建設業者の一番大きな不安ですよね。

そんな不安を解消するのが、中建国保の傷病手当金制度です。

組合員さん本人が病気で
お医者さんから仕事を休むようにいわれたときに、1日目から最長40日まで、生活補助として下記の手当が出ます。

種別

通院で休業

入院で休業

1種 事業主

4,000

  

8,000

2種 一人親方

3,600

3種 従業員

3,200

4種 2530

2,800

5種 2025

2,400

6種 19歳以下

2,000


これこそ、立場の弱い建設業者を守るために設立された中建国保の特徴といえると思います。

つまり、この保険に入ることによって、
民間の休業補償つきの生命保険にも同時に加入している、ようなものなのです。

※健康保険加入後90日以上経過した組合員さんが対象です。